FB_KODAWARI2

シンプルで無駄がないこと

その視点で、ミニマムなデザインを心がけています。建築面積を必要最小限に抑えることができれば最高のコストパフォーマンスが出来ますし、そこで生まれた予算を活用して、身体に負荷をかけない自然素材を存分に使うことも出来るからです。
不思議なものですが、家を建てる際に理想だけを追求していると、その建築面積はどんどん膨らんでしまいます。その結果、石油資源由来の安価で反自然的な素材を使う残念な結末になりかねません。そこにシンプルさを追求する考え方を入れるだけで、その結果が大きく異なるのです。
フォレストバーンの空間には一切の無駄がありません。しかしシンプルさの中に幾つかの魅力的な空間を設け、身体がリラックスする自然素材をふんだんに使っています。その自然素材は地球環境を守るサスティナブルという活動につながり、魅力的な空間は心を癒してくれます。この体験はどんな意味を育むのでしょう? そこで暮らす子どもたちにどんな理解と影響を与えるのでしょう?

シンプルで無駄がないことは、どう生きるかというライフスタイルの表明に他なりません。